Skip to main content

Posts

Featured

BBCのJapan's Secret Shame(日本の秘められた恥)と伊藤詩織の問題

前回のブログの感想としてツイッターで「日本語でも書かれては?」とご意見をいただき、確かに日本人でもこの問題にあまり関心がない、あるいは情報を得ることが少ない方への日本語での発信も有益だと思い、今回は記事を日本語で書くことにしました。内容はほぼ同じですが、翻訳、特に直訳は苦手なので、多少語感などが異なる箇所があるかもしれないことを、あらかじめ断っておきたいと思います。

英国BBCが最近放送した、Japan's Secret Shame (日本の秘められた恥)というドキュメンタリーを観ました。興味がある方は、以下のリンクから当ドキュメンタリーを視聴してください。

http://www.pandora.tv/view/s9star/56160066#31220546_new
http://www.pandora.tv/view/s9star/56160067/#31220546_new

どうやら彼女を支援・応援する方は一定数いるようです。そういう方は完全に、盲目的に彼女の言い分を信じているように見えます。理由は伊藤氏が「名前・顔出し」で自身の経験を語っているから。それは彼女の正直さ、勇敢さ、また正義感の表れだ、と捉えられる、という。ただ、私はこれが彼女の言い分の信憑性や活動の正当性を担保するのに論理的だとは思いません。

背景

伊藤氏は2017年にワシントン駐在の有名な日本人ジャーナリストから性的暴行を受け、彼の逮捕は直前に「何かの力」によってもみ消された、と主張してメディアに登場しました。レイプをされたのは2015年で、伊藤氏によれば酒にデート・レイプ・ドラッグを混入され、意識がない状態で深夜にホテルに連れ込まれ、午前5時に目を覚ましたところ、レイプされている最中だった、ということです。事後に「下着をお土産として持っていっていいか?」「君のことが好きになった」など言われたそうです。伊藤氏は日本の警察を批判しました。それは「空港で男性を逮捕する」と捜査関係者から連絡を受けたにも関わらず、逮捕は直前になって取り消されたためです。伊藤氏の主張は、この男性が安倍総理に近い存在であったために、逮捕・起訴をもみ消された、というものでした。

その後

ただ、その後にわかった情報によれば、伊藤氏の主張には注意すべきだということがわかります。
二人はニューヨークの「ピアノ・バー」と呼ばれる…

Latest Posts

Notes on "Japan's Secret Shame" on BBC

Mysterious Tweets by Kim Jong Un #2

Mysterious Tweets by Kim Jong Un

日本の移民受け入れ拡大について

Why Resources Matter

Critiques on Bernie Sanders and His Nordic Approaches

2016 Presidential Election and the Media Hoopla

Starting this out